住宅ローンを組むときの審査は厳しい?

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要がありますね!フラット35住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても厳しく行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
審査に通れば、契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
たぶんですけど安くても数十万とか、もっといくと数百万単位の現金が必要となるでしょう。
自分の家が欲しいと考えたとき銀行や信用金庫などから申し込み可能なマイホーム購入時の融資が頼れます。
ですが、たくさんある金融機関の中からどこを選べば良いのかとても迷ってしまう。
という話もよく聞きます。
選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋にお任せしたり、ネットバンクなども申し込みをする事ができます。
けれども、どのパターンでも審査というのもが必ずあり申込者全員が通る。
という甘いものではない事を心しておくと良いです。
これから住宅ローンを組む予定のある方は、ローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。
普通は、ローンの1割程度が必要経費としてかかってきます。
謳い文句にあるように低金利だからといって選んでしまうと、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。
それで手数料も合わせた全ての返済しないといけないお金がいくらになるのか、合わせていくらになるか全ての返済しないといけないお金を調べることから始めましょう。
実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったり想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。

住宅ローン審査基準は厳しくなった?最近の傾向!【審査に通らない?】